福岡県久留米市 高齢者総合ケアセンター共生の里 荒木では、老人ホーム・ショートステイ・デイサービスを運営しています

  • ふれあいの心を大切に
 
 
 
ほがらか健康クラブの開催
2018-04-12
当施設では、社会福祉法人恵伸会の社会貢献活動として、「NPO法人森の民」と連携し「ほがらか健康クラブ」という介護予防講座を実施しています。
リハビリ体操、感染症予防、正しい歯の磨き方、歌声サロンなど専門の職員が担当して毎月2回開催しています。
運動して、勉強して、歌って、笑って、楽しい時間を一緒に過ごしませんか。
参加者募集中なので、興味をある方は、ぜひ当施設までご連絡お待ちしています。
 
開催日・・・毎月第2、4の水曜日 10:00~12:00
 
ほがらか健康クラブプログラム (例)
【開催日:4月25日(水) 10~12時】
・転倒防止について     担当:理学療法士・作業療法士
・リハビリ体操と歌声サロン 担当:職員
【開催日:5月9日(水) 10~12時】
・認知症予防について   担当:認知症介護指導者
・リハビリ体操と歌声サロン 担当:職員               
 
●リハビリ体操と歌声サロンは、毎回実施しています。
 
参加対象者:おおむね65歳以上の方
参加料金:1回 200円
 
問い合わせ先
共生の里 荒木
電話番号:0942-51-3600
 
 
立春を迎える会
2018-02-10
 平成30年2月8日(木) 共生の里 荒木 旧暦で一年の始まりとされ「立春を迎える会」を行いました。お汁粉で豆(小豆)を食べて厄払いを行い、甘酒を飲んでお祝いをしました。この会では、職員二人がピアニカ演奏をおこない、ご利用者や職員で一緒に唄い楽しい時間を過ごしました。
 
 
謹賀新年
2018-01-05
 新年、明けましておめでとうございます。平成30年1月1日 元旦 共生の里 荒木では、厨房手作りのおせち料理とお屠蘇を召し上がっていただき、新年を迎えました。午後からは、地域交流スペースで職員が作製した「犬宰府」に参拝、梅が枝餅(手作り)とお茶を振る舞い、ゆったりとした時間を過ごして頂きました。面会に来られたご家族も一緒に参加され楽しい時間でした。
<メニュー>
赤飯・刺身・伊達巻・芋きんとん・数の子・ゆず釜なます・黒豆・お煮しめ等
 
 美味しい料理で新年を寿ぎました。
 
 
もちつき
2017-12-28
 平成29年12月28日(木)午前中に共生の里荒木の餅つきを行いました。ボランティアで地域の方6名、筑邦銀行の行員の方2名に参加していただきました。デイサービス、小規模多機能型サービス、ショートステイ、ユニットのご利用者は、職員と一緒に餅をつかれ、「よいしょ。よいしょ。」と掛け声をかけての楽しい時間となりました。
 つきあがった餅は、地域の方に丸めてもらい、あんこ餅やよもぎ餅、鏡餅をつくり、昼食には皆さんに召し上がってもらいました。皆さんからは、「やわらかくておいしい」とたいへん好評で喜んでいただきました。ボランティアの皆さんありがとうございました。
 
 
 
今年も高田川部屋 力士さん来所されました
2017-11-28
11月28日(火)、九州場所の千秋楽が終わった翌日に高田川部屋のご協力により、力士3名、行司2名、呼出2名が来所されました。今回で4回目となり、迫力ある大相撲(模擬の取り組み)を直接、目の前で披露していただき、身体がぶつかり合う音や地響きを感じるぐらいの大相撲の迫力を感じることができました。また、寄席太鼓の一番太鼓・ハネ太鼓や相撲甚句も披露していただき、皆で手拍子と「どすこい、ほい、あ~どすこい どすこい」の合いの手を入れて楽しみました。この大相撲(模擬取り組み等)が終了しては、櫻 力士さんが午前中から作ってくれた、「高田川部屋ちゃんこ鍋と特製お好みやき」を皆さんに召し上がって頂きました。このちゃんこ鍋は、平成29年5月2日に放送された「マツコの知らない世界」スペシャルで紹介された「相撲メシの世界」の鍋と豆腐お好み焼きでした。
 高田川部屋の皆様、ありがとうございました。
 
  高田川部屋 力士 大乗さん・大野城さん・櫻さん
        行司 式守勘太夫さん(三役行司)
           式守辰之助さん(序の口行司)
        呼出 琴三さん(幕内呼出)
 
新しい定款、新役員体制及び役員報酬の基準を公開します。
2017-07-26
社会福祉法の改正により、平成29年4月から社会福祉法人の組織体制を大幅に見直すこととなりました。当法人においても、定款の変更をはじめ、評議員・役員体制の見直しを行ったところです。これに伴い、新しい定款や新しい役員構成等を公表する必要が生じたため、ここに公表するものです。
 
 
平成29年度ソーメン流しをおこないました。
2017-07-24
平成29年7月22日(土) 恒例になりました「ソーメン流しをおこないました。
参加者は、ユニット・ショートステイ・小規模多機能サービス・デイサービスのご利用者の方とご家族でした。また、地域の方も参加していただき、職員を含めると190名が集まりました。今回は、室内で各事業所ごとにおこない、工夫を凝らした内容で盛り上がりました。
 
もちつき
2017-01-12
平成28年12月27日 今年も共生の里荒木 全事業所のご利用者の方、地域の皆さんやボランィティアの方に参加してもらい、恒例のもちつきを行いました。 この日についたお餅は、きなこ餅、あん餅、さとう醤油餅、よもぎ餅、そしてトッピングに大根おろしを準備してご利用者の皆さんに食べていただきました。また、各事業所の鏡餅もご利用者、ボランティア、職員で丸めて「来年もいい年でありますように」と飾ることができました。写真はこちら
 
大相撲 高田川部屋より、力士さん一行が来所されました。
2016-12-02
平成28年11月30日(水)共生の里 津福・荒木に高田川部屋より三役格行司 式守勘太夫さん、三役格呼び出し琴三さん、大乗力士、暁力士、櫻力士の一行が来所され、「大相撲共生の里場所」を開催しました。今回で4回目となる来所では、ご利用者、ご家族、地域の方等、大勢の方が参加されました。まず、櫻力士が200人分のちゃんこ鍋をつくり、皆さんに召し上がっていただき、その後は呼び出しの琴三さんによる 櫓太鼓・寄せ太鼓・一番太鼓・羽太鼓・の実演、そして、大乗力士、暁力士に四股を踏んでもらい、模擬相撲なども披露していただきました。参加者の皆さんは目の前で行われる実演や力士の迫力に感動され、また、一緒に記念写真を撮ったりするなど笑顔が絶えない時間を過ごしました。
 高田川部屋の皆様、ありがとうございました。
 
ユニットリーダー研修を終了しました。
2016-11-21
 平成28年度 日本ユニットケア推進センターが実施したでユニットリーダー研修に2名の職員(介護福祉士 池田由里香・介護福祉士 佐藤瞳 )が参加し、終了証書を受け取りました。
 研修では、講義・演習(3 日間)及び実地研修(5 日間)が行われ、施設を暮らしの場にするための建物(ハード)、ケア(ソフト)、チームケア(システム)、体制(フォーム)の基礎と、ユニット内におけるリーダーシップとマネジメントの在り方を実践的に学習しました。
 共生の里荒木では、今回受講した2名を含め合計6名のユニットリーダーがいます。今後もユニットケアの充実をめざし頑張っていきたいと思います。

高齢者総合ケアセンター
共生の里 荒木

〒830-0062
福岡県久留米市荒木町白口1515
TEL.0942-51-3600
FAX.0942-26-7678

----------------------------------
1.ユニット型地域密着型介護老人福祉施設
2.ユニット型短期入所生活介護
3.通所介護(介護予防通所介護)
4.小規模多機能型居宅介護
----------------------------------

 

025954
<<社会福祉法人 恵伸会>> 〒864-0165 熊本県荒尾市樺2516番地 TEL:0968-68-8100 FAX:0968-68-8101